yoniCARE
Shopping Cart
* If you wish to pay in installments, please select the payment method "Credit Card (GMO Epsilon)" from "To Purchase Procedure".

yoniCAREの口コミ・評判は?検証レビュー!

Posted by suzukiaska on

家庭用の腟ケア器・yoniCARE 腟の乾燥やにおい、性交痛や尿漏れ、ゆるみなど、腟に関する女性の悩みは様々です。 ここ数年、日本でも「腟ケア」への関心が高まりつつあります。今回紹介する「家庭用腟ケア器 yoniCARE」は、産婦人科専門医も推薦している腟ケア器で、赤色と青色のLEDライトを組み合わせて腟内を照射し、腟の緩みケアや、腟内を健康的に導いてくれるという最新腟ケアアイテムとなっています。 腟内から皮下部へアプローチする「650nmの赤色LED」と、腟内pHバランスを整える「477nmの青色LED」、そしてマッサージ機能という3つの機能を搭載。次のような腟に関するお悩みをもつ女性におすすめです。 ・乾燥が気になる・においが気になる・性交痛がつらい・排尿障害・尿もれを改善したい・緩みが気になる・お湯もれが気になる 自宅で1回約10分間、週に2~3回のお手軽ケアで腟を健康に導きます。 腟ケアに興味のある方や、腟に関するお悩みをお持ちの方はぜひご参考になさってください。 yoniCAREの気になる口コミ・評判は? 口コミ1やや細めなので、特にローションなどつけなくても挿入は可能。電源ランプが点滅して、10分経つとライトが勝手に消えます。私はもう一回で計20分やっております。終わったら除菌ティッシュで拭き取って、キャップつけて終了!終わった後は腟の中がポカポカに!とにかく非常にラクチンですよ。これなら続けやすいですね。ただ正直、腟の引き締めに効いたかどうかはわかりませんなんとなく…おしっこを途中で止めるようにするためには、腟トレのほうが直接的な効果がある気がする。口コミ2yoniCAREは自宅で簡単にデリケートゾーンをケアできるのが本当にありがたいアイテムです。婦人科クリニックで受けられるモナリザタッチなどのレーザー治療を検討したものの、痛みに不安を感じて断念していましたが、yoniCAREは心地よい温かさを感じるくらいで傷みがまったくありません。1回10分間、週3回行うだけなので、面倒なことは嫌いという方でも続けやすくなっています。口コミ3yoniCAREでフェミニンケアをすると自分を大切に思い、慈しむことができます。これは自分の体に関心を持つことで意識が変わるからです。また、フェミニンケアで腟の粘膜力が上がると、性生活が充実して幸せホルモンが分泌されます。リラックス効果ももたらしてくれるので、ストレスの軽減や免疫力のアップにもつながり、心身ともに健康な状態になります。口コミ4初めは傷みがないか等の不安もありましたが、興味の方が勝り、さっそく試してみることに。週2~3回程度のケアがよいとのことだったので、「毎日やらなくてはいけない」というプレッシャーもなく、気軽に続けられました。不安だった痛みもありませんでした。ケア中、ケア後はいつも腟内がじんわり温かくなり、フワフワ柔らかくなったような感じがします。元々、濡れにくい体質ではありませんでしたが、少しでもそういう気分になると濡れ始めるのがとても早くなりました。ちなみに、濡れにくい体質の方でも、専用の腟用ローションを使えば痛み等なくできると思います。マッサージ機能もついており、内部のトレーニングにも活用できますので、中でオーガズムを感じられる方なら、腟ケアしつつ気持ちよくなれてしまう一石二鳥の効果が得られます。口コミ5yoniCAREは痛みもなく温かくて気持ちがよいので、ケアするのが苦になりません。スキンケアと同じように習慣化することで、少しずつ自分の体の変化を感じられます。とくにマッサージ機能は、骨盤底筋トレーニングのような効果を得られるようなので、使用し続けるとどうなるのか、期待しています。 Q&A Q1 「すぐには効果を感じない」という口コミがありましたが、yoniCAREで効果を感じるのはどれくらいの頻度でどれくらいの期間ケアすればいいのでしょうか? A1 1日1回のご使用で、1回につき10分ほど、週3回程度を目安にケアを行ってください。効果については、お身体の状態や解決したいお悩み、使用頻度などにより人ぞれぞれ異なります。Q2口コミの方と同じく、痛みがないか心配です。挿入する部分の太さはどれくらいなのでしょうか? A2yoniCAREの挿入部分は長さが約12cm、太さは約2.9cmです。挿入時の傷みがご心配の方は、弊社オンラインサイトにて本体をご購入のお客様に専用ジェルをプレゼントしておりますので、そちらをご利用ください。 Q3デリケートな部分に使用するので安全面で心配です。この製品は日本製ですか?また、保証はありますか?A3弊社商品は中国製になりますまた1年間のメーカー保証がございます。Q4マッサージ機能もついているとのことですが、強さの調節はできますか?A4本体のハンドル部分の真ん中にマッサージボタンがあります。そのボタンで3段階で強さの調整ができますで、お好みに強さを選んでご使用ください。Q5手軽に使えるという口コミをみて、興味を持ちました。毎日の習慣にしてケアを行いたいのですが、毎日使っても大丈夫ですか?また、生理の時に使っても問題ないでしょうか?A5毎日ご使用することで身体への害は報告されていませんが、デリケートな部分への挿入となりますので、なるべくお日にちは空けていただくことをお勧めします。また、生理中は腟内がさらにデリケートになっていますので生理中のご使用はお控えください。Q6yoniCARE使用後に腟がフワフワと柔らかくなった気がする、という口コミを見ましたが、yoniCARE使用後の性行為は可能でしょうか?A6可能です。 商品の総評 年齢とともに感じる腟ケアの必要性ですが、クリニックに受診するのは不安や恥ずかしさもあって、なかなか一歩が踏み出せないもの。 そんな女性の悩みを解決してくれるのが、家庭用の腟ケアアイテム「yoniCARE」です。 今回は、実際にyoniCAREを使用した方々の声から分かったデメリットとメリットをまとめました。 ▼メリット ・とにかく手軽で面倒でないので続けられる・クリニックで受診する必要がない・使用したあとは腟が温かくなって、フワフワと柔らかくなる・週2~3回でいいので「毎日やらないといけない」というプレッシャーがない・マッサージ機能で腟ケアしつつ気持ちよくなれる・少しずつですが体の変化を感じる ▼デメリット 腟の引き締めに実際に効果があったのかがわかりにくい   「腟がぽかぽかあたたかくなった」「やわらかくなったと感じた」など使用後の体への効果を実感したという声が多く聞かれたyoniCARE。 何よりもその手軽さが魅力で、たった10分でセルフケアできてしまうというのが最大の特徴でしょう。 また、産婦人科専門医も推薦しているとのことで安全性も確保されています。 さらに、LEDだけではなく、マッサージ機能も同時に使えるので、腟ケアしながらマッサージもできるのも◎ 使う人の年齢や腟の状態、悩みなどは様々なので、どれくらい続ければ効果が得られるのかは一概に言えませんが、腟ケアの第一歩として手軽に始められるアイテムでしょう。 使用法・使用上の注意事項について 【使用方法】 (1)電源を入れる本体には「LED照射ボタン」「マッサージボタン」「電源ボタン」の3つのボタンがございます。まずは「電源ボタン」を長押ししてください。 (2)使う前に本体の挿入部分をきれいにしてください。 (3)LED(照射)機能LEDボタンは「赤」「青」「2色」で照射します。※赤色LED:腟内から皮下部へアプローチすることで、腟内膜にプラスの影響をもたらします。※青色LED:腟内pHバランスを整えることで不快な臭いや、アンバランスな腟内環境を整えることが望めます。...

アンケートから見る!みんなの腟のお悩みについて

Posted by suzukiaska on

年齢を重ねると、お肌の潤いやハリや艶が失われてきた…というお悩みをお持ちの方は多いですよね。 お肌のハリや艶は身近な人にも相談しやすいですし、美容皮膚科など医療機関など専門の相談先も多く、また、市販品のケア商品の種類が豊富ですから、あまり対策に困ることはないかと思います。 でも、腟のことはどうでしょうか? 実は、腟もお肌同様、加齢に伴って潤い・ハリがなくなってくるものなのです。 ですが、腟のことについては身近に相談できる相手がいない・医療機関への相談はなんだか恥ずかしいと、一人でお悩みの方は実はとても多いのです。   「一人で抱えがちな腟に関するお悩みを少しでも皆様と共有したい」とfemtifyは考えております。 そこで、femtifyではyoniCAREを実際にご購入いただいた方へ、本当のところをうかがうべく、アンケートを実施いたしました。 今回はその結果を一部公開いたします。 アンケートにご協力いただきました皆様、ありがとうございました。 yoniCAREの購入を決めた理由 yoniCAREをご購入された方の実に半分弱が、何かしらの症状でお悩みなことがわかります。では、そのお悩みの内容は具体的にどのようなものでしょうか。 どのような悩みがありますか? 更年期と腟 1位は更年期症状によるお悩み。46人中実に28人が腟の更年期症状に悩んでいるということがわかります。 更年期になると、腟に変化が起きるのは、女性ホルモンであるエストロゲンが減少してくるからです。 エストロゲンは腟をはじめ、子宮や卵巣に強い影響を与える女性ホルモン。 エストロゲンは腟壁のターンオーバーにも作用しているため、これが減少すると、腟の厚みと弾力が減り、潤いが保たれにくくなります。 潤いが保たれなくなると、腟の常在菌(乳酸桿菌など)が減少し、病原細菌が増殖しやすくなります。そうすると、以下のような症状が出てきやすくなります。 ・乾燥・性交痛・おりものの異常(色・臭い・量など)・排尿時の痛み・頻尿、尿漏れ、膀胱炎など これらをまとめて、萎縮性腟炎と呼びます。  詳しくはこちら⇒萎縮性腟炎とは 骨盤底筋群のゆるみ 2位は尿漏れ・お湯漏れで、3位は腟のゆるみとなっています。 こちらは産後や加齢などによって、骨盤底筋群が緩むことが原因で起きる症状です。 yoniCAREでは腟をケアするということで、腟にアプリケーターを挿入するため、意識的に骨盤底筋群のトレーニングをすることができます。   まとめ 以上、yoniCAREご購入アンケートから女性の皆様が抱えている腟のお悩みについて簡単に解説いたしました。 あまり人には相談できない腟のお悩みについて、femtifyでは継続的に取り上げていきたいと考えています。 その他ご質問などございましたら公式LINEよりお問い合わせください。 取り上げてほしいテーマや、yoniCAREをご使用になったご感想などもお待ちしております。

赤色LEDダイオードライトの美肌効果とは?特徴や副作用、アンチエイジングを目指すための2つの方法を紹介

Posted by suzukiaska on

近年、皮膚科や美容クリニックなどで、LEDライトを使った光治療が行われているのをご存知ですか?医療用LEDは、従来のレーザー治療やフォトフェイシャルなどの美容医療とは異なり、光だけを照射するため、痛みや肌へのダメージがありません。 医療用LEDには主に3色のライトがあり、それぞれに効果が異なりますが、その中でもとくにアンチエイジング効果を期待されているのが、今回ご紹介する「赤色LED」です。 この記事では、赤色LEDの美肌効果や、アンチエイジングを目指すための2つの方法についてご紹介します。ローリスクハイリターンなアンチエイジング法を知りたい方は、ぜひ最後まで読んでみてください。 LEDの特徴 LEDは、発光ダイオードとも呼ばれる発光素子で、p型半導体とn型半導体の接着面に電流を流して光を放出させるようにしたダイオードのことです。 一般的には、照明器具やイルミネーションなどに使用されていることで知られています。これらの照明は、一般電球よりも寿命が長持ちすることでも知られているうえ、水銀や蛍光剤などの有害物質が使用されていないなどの特徴があります。 また、熱を光に変換する発光原理ではなく、電気を直接光に変える仕組みで発光するため、発熱量が少なく熱くならないのも特徴です。 しかも、LEDからは紫外線が発せられないので、人体に悪影響を及ぼす心配がありません。この点が、LEDを美肌治療に使ううえでもっとも重要だといえるのではないでしょうか。 赤色LEDの美肌効果について 環境にも人にも優しいLEDの光は、以前から宇宙では太陽光の代わりとして使用され、NASAの宇宙飛行士たちが植物の栽培実験を行ったり、怪我の治療やがん患者への治療補助の研究を進めたりと、その使い道を広げるべく研究開発を行っています。 その結果、LEDの光には植物の成長が促進されたり、人体のDNAの合成が5倍に跳ね上がったりと、さまざまな効果があることがわかってきました。 そんなLEDの光の中で、美容医療でもっともよく使用されるのが、赤色LEDです。ここでは、赤色LEDの特徴や美肌効果についてご紹介します。 赤色LEDの特徴 以下は、赤色LEDの特徴をまとめたものです。 波長約650nm 皮膚の奥深くにある真皮層に働きかける アンチエイジングに効果的 赤色LEDは、波長帯の短い近赤外線が使用されているため、皮膚の奥深くにある真皮層に働きかけ、ミトコンドリアの活性化を促進。コラーゲンやエラスチンを増生し、免疫細胞にまで働きかけるため、アンチエイジング効果が生まれます。 赤色LEDの美肌効果とは 以下は、赤色LEDの作用によって期待できる美肌効果です。 肌のキメを整え小ジワを改善する 肌のくすみやクマを改善する ニキビの炎症やニキビ跡の赤みを抑える 血行を促進し、肌のトーンをアップする 肌のハリをよみがえらせる 皮膚の再生を促進し、ターンオーバーを活性化する 上記のように、赤色LEDはさまざまな肌トラブルに効果を発揮し、アンチエイジングを叶えてくれます。 赤色LEDの働きについては、日本美容皮膚学会の論文でもコラーゲンの生成を増殖させると発表されているので、気になる方は以下をご覧ください。 →「赤色LEDの正常ヒト線維芽細胞に及ぼす影響」 赤色LEDに副作用はある? 結論からいうと、赤色LEDを美容目的で照射した場合の副作用はほぼありません。肌への刺激が少ない光なので、痛みやダウンタイムもほとんどなく、何度でも気軽に治療を受けることができます。 むしろ繰り返し治療を受けることで、皮膚の細胞が徐々に活性化されていくため、継続して照射することをおすすめします。日々のお手入れにプラスして受けるとよいでしょう。 赤色LEDでアンチエイジングを目指すための2つの方法 上述したように、赤色LEDはさまざまな美肌効果をもたらしてくれるうえに、痛みやダウンタイムもないおすすめの美容医療です。 アンチエイジングに興味のある方や、美容医療に詳しい方であれば、赤色LEDによる美肌治療を検討されているのではないでしょうか。...

LEDは美容にも効果あり!皮膚科で行われる治療のメリットや家庭用美顔器との違いを紹介

Posted by suzukiaska on

LEDと聞いて最初に思い浮かぶのは、照明器具という方がほとんどですが、最近では美容皮膚科などの美肌治療でもLEDが使用されたり、家庭用美顔器が販売されたりしています。 美容医療でよく使用されるLEDには青色と赤色、白色の3色があり、波長によって治療効果が異なります。どの色のLEDも、肌へのダメージや痛みを与えることなく肌悩みやトラブルを改善できるうえ、ほんのり温かい光で心身ともにリラックスできるので非常におすすめです。 この記事では、皮膚科などで行われるLED治療とLEDヒーライトIIについてご紹介します。 LEDとは 2014年に高効率青色発光ダイオードが、ノーベル物理学賞を受賞したことは記憶に新しいでしょう。現在では、イルミネーションをはじめとするさまざまな照明器具などにも使用され、世界の省エネ化に貢献しています。 LEDとは発光ダイオードのことで、光る半導体とも呼ばれています。Light Emitting Diodeの頭文字をとって「LED」という名前がつけられました。 LEDが発光する色は、半導体の材料となる化合物で決まります。それぞれに波長が異なることから、目に見える光に影響を与えるだけでなく、美容効果にも大きく影響を与えます。 波長の長さはナノメートル(nm)という単位で表され、波長が短いと紫〜青色に、波長が長いと橙〜赤色の光を放ち、それぞれの特徴を活かした分野で利用されているのです。 皮膚科で行われるLED治療とは 近年、ニキビ改善やアンチエイジングを目的として、美容皮膚科などの美容医療分野でもLEDを利用した治療が行われているのをご存知ですか?LED治療では、専用の機器を使用してLEDを肌に一定時間照射することで、肌悩みを改善します。 ここでは、LED治療のメリットや、光の色による効果の違いについてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。 LED治療のメリット LED治療には、以下のようなメリットがあります。 治療中の痛みがない 皮膚にダメージがなく安全 ダウンタイムがほとんどない 治療後すぐにメイクが可能 敏感肌や日焼け後でも治療が可能 美容医療の中には、痛みが伴うものやダウンタイムが長期間にわたるものもあるため、治療を受けたくても諦めてしまったり途中で断念してしまったりする方も。 しかしLED治療であれば、痛みや皮膚へのダメージがなく、ダウンタイムもほとんどありません。さらに、どんな肌質でも治療が可能で、日焼けした肌にも照射できることや、年齢や性別を選ばず治療を受けられるという特徴があります。 治療後すぐにメイクができるのも、女性にとって嬉しいポイントなのではないでしょうか。 光の色によって効果が異なる LED治療は、光の色によって期待できる効果に違いがあります。以下は、光の色による効果の特徴をまとめたものです。 青色LED:ニキビの改善 青色LEDは、ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌する効果があります。 アクネ菌が産生したポルフィリンという有機化合物に青色LEDが反応すると、活性酸素が生み出されます。するとアクネ菌は、自ら酸化して死滅していくのです。 また、青色LEDには皮脂の分泌を抑制する作用や、毛穴の引き締め効果もあるため、ニキビができにくい肌へと導いていきます。 赤色LED:ニキビ跡やクマ、肌の赤み改善、コラーゲンの増生 赤色LEDは、表皮の奥にある真皮層にまで到達し、コラーゲンやエラスチンを産生する線維芽細胞に働きかけることで細胞が活性化するのが特徴です。 コラーゲンなどが増産されて肌の弾力がアップしたり、小ジワや毛穴が目立たなくなったりする効果があります。 さらに、血行が促進されて肌のくすみやクマなどの肌トラブル改善が期待できるほか、ニキビやニキビ跡の赤みを抑え、色素沈着まで改善します。 白色LED:リフトアップ、毛穴の引き締め、シミの改善 皮膚科治療で用いられる白色LEDは、光の中でもとくに皮膚への到達度が高く、真皮層よりも深い筋肉層にまでアプローチできるのが特徴です。...

x

閉じるclose