家庭用腟ケア器・yoniCARE
ショッピングカート

※分割支払いをご希望の場合は、「購入手続きへ」より、お支払い方法「クレジットカード(GMOイプシロン)」をご選択ください。

腟萎縮の治療法とは?腟レーザー・腟ハイフ・yoniCAREでデリケートゾーンをケアしよう

suzukiaskaがに投稿

腟の乾燥感やかゆみ、痛みなど人には話しにくい身体のお悩みはありませんか? ここ数年、女性特有の健康問題をテクノロジーで解決できるサービスや商品などを指す「フェムテック」など、これまでの常識を覆すようなムーブメントが起きています。 しかし実際のところ、年齢のせいだから仕方ないと思っている方も多く、デリケートゾーンに不快な症状があってもクリニックを受診することはおろか、人に話すことすらできない方もいるようです。 また、そのような問題に対してクリニックではどんな治療を行っているのか知らないことも、受診につながらない要因のひとつだと考えられます。 そこでこの記事では、年齢に伴う腟萎縮の治療法についてご紹介します。デリケートゾーンの不快な症状でお悩みの方は、ぜひ参考になさってください。 腟萎縮とは そもそも、腟が老化することすら知らない方も多いですが、腟周りも顔や体の皮膚と同じようにたるんだり乾燥したりします。 腟内は、若いときは女性ホルモン(エストロゲン)の働きによって十分な潤いがあり、ふっくらとした弾力が保たれているため、性行為や出産もスムーズに行うことが可能です。また、乳酸桿菌の力によって腟内は酸性を保っており、自浄作用が働いて外部から雑菌が入り込むのを防いでいます。 しかし年齢を重ねていくと、徐々に女性ホルモンの分泌量が低下し、腟の潤いや弾力が失われて乾燥し、硬くなってしまうのです。この現象を「腟萎縮」といいます。 腟萎縮の具体的な症状は、腟の乾燥感やかゆみ、痛み、性交痛、出血、腟炎などさまざまです。主に閉経頃からこれらの症状が出てくるケースが多いですが、最近では若くても腟萎縮が起こる可能性もあるため、年齢に関係なく注意しましょう。 腟萎縮に対する治療法 「デリケートゾーンが乾燥して痛みやかゆみがある」「久しぶりに性行為をしたら、痛くてできなかった」「座るだけでも腟の入り口がヒリヒリする」などの症状がある場合、腟が萎縮しはじめているかもしれません。 腟萎縮治療は、婦人科や泌尿器科クリニック、ウロギネ外来などで行っていますが、実際にどんな治療法があるのかご存知ですか?ここでは、婦人科で行われている腟萎縮に対する一般的な治療法をご紹介します。 全身ホルモン補充療法 腟萎縮治療は、症状によってさまざまな薬が用いられますが、明らかに女性ホルモンの減少による不快な症状が強い場合には、全身ホルモン補充療法(HRT)が選択されます。 全身ホルモン補充療法で用いられる薬には、経口剤や腟剤、湿布などいくつかの選択肢があるため、患者さんの年齢や症状などに応じて最適な薬を最適な方法で投与します。 局所エストロゲン療法 局所エストロゲン療法とは、エストロゲンクリームや腟剤、腟リングによってエストロゲンを局所的に投与する治療法です。 ホットフラッシュなどの症状を伴う場合はエストロゲンの全身投与が検討されますが、性交痛が主な症状であれば、エストロゲン活性が比較的低いエストロゲン局所投与でも同等の効果が得られるほか、不正出血などの副作用も少ないため局所投与が選択されます。 非ホルモン療法 女性ホルモンの投与を行わない非ホルモン療法では、普段のお手入れとして使える保湿剤や潤滑剤を処方するのが一般的です。 しかし、腟萎縮がみられるときは保湿剤や潤滑剤では不十分なこともあります。そのような場合、腟レーザーや腟ハイフなど腟のアンチエイジングができる最新の治療がおすすめです。 ただし、どの医療機関でも受けられるわけではないので、実施可能なクリニックを探して受診するようにしましょう。 腟レーザー 腟レーザーとは、医療用のマシンで腟内にレーザーを照射して腟粘膜を引き締めたり、コラーゲンを増生したりする治療です。メスを使用しないので、痛みも少なくダウンタイムも短くて済みます。 腟レーザーには複数の種類がありますが、ここではその中でも代表的なものをご紹介します。 【モナリザタッチ】 モナリザタッチは、腟萎縮による腟内の変化と不快な症状を緩和するためのフラクショナル炭酸ガスレーザー治療です。顔のしわやたるみ治療に用いられる技術を応用し、数分間腟内にレーザーを照射することで、腟粘膜の代謝能力を高めて組織を修復します。 以下は、モナリザタッチの特徴です。 痛みがほとんどない 施術時間が5〜10分と短い 施術後すぐに日常生活に戻れる 当日からシャワーOK(入浴は3日後から) 施術後の性行為は3日後から 副作用がほとんどない...

腟萎縮のメカニズムとは?症状を感じたらクリニックを受診すべき理由も紹介

suzukiaskaがに投稿

人間は誰しも必ず歳をとるものですが、体が老化するとともに腟も老化して萎縮してしまうことをご存知ですか? 多くの女性が日常生活の中で顔や体の衰えを感じているものの、なぜか腟に関しては気にしたことがない、もしくはなんらかの症状を感じている場合でも、腟が萎縮しているとは思っていないようです。 本記事では、日常の中ではあまり知ることができない「腟萎縮」のメカニズムやクリニックを受診すべき理由をご紹介します。 腟萎縮とは 腟萎縮とは、老化によって腟が萎縮して腟内の環境が変化していくことです。 年齢を重ねると、顔にシミやシワ、たるみが現れるのと同じように、デリケートゾーンのエイジングサインとして腟が萎縮するという現象が起きます。 腟萎縮は女性なら誰もが経験することです。しかし、だからといって何の対処もしないまま放置してしまうと、知らず知らずのうちに萎縮が進行し、さまざまな不快な症状に悩まされることになるかもしれません。 腟萎縮のメカニズム 一般的に、腟萎縮がはじまるのは30代後半からだといわれています。30代後半から40代前半にかけて徐々に腟の老化が進行し、40代後半から50代にかけては、急激に老化が進んでさまざまなお悩みを引き起こします。 では、腟の萎縮は一体どのように起こっているのでしょうか。ここでは、腟萎縮のメカニズムをご紹介します。 1:閉経 閉経とは、月経が完全に停止した状態のことです。日本人女性の平均的な閉経年齢は50〜51歳くらいですが、個人差もあるため40代で閉経を迎える方もいれば、50代後半まで月経がある方もいます。 医学的には、1年以上月経がない状態になると、閉経と診断されます。 閉経すると卵巣機能が停止したり、人によっては腫瘍などの治療で卵巣を摘出したりすることも。それによってホルモンの分泌量が急激に減り、次第に体内で変化が起こるのです。 2:エストロゲン分泌量の減少 閉経の前後5年間のことを更年期と呼び、この期間に入ると卵巣の機能が低下しはじめ、十分な量のエストロゲン(卵胞ホルモン)を分泌できない状態になります。 エストロゲンとは、脳からの指令によって卵巣から分泌される女性ホルモンのひとつで、主に生殖器官を発育・維持させる働きをもっています。また、女性らしい丸みのある体型を作ったり、肌を美しくしたりする作用も、エストロゲンの重要な役割です。 エストロゲンの分泌量は、毎月変動を繰り返しながら20代〜35歳くらいまでピークが続き、その後45歳くらいまでは徐々に減少、それ以降は急激に減少します。 エストロゲンの分泌量が減少してくると、腟壁のコラーゲンも減少し、腟内が乾燥して腟の萎縮が起こるなど環境が変化するため、デリケートゾーンにさまざまな不快な症状が引き起こされるのです。 3:不快な症状が引き起こされる 以下は、エストロゲンの分泌量低下により引き起こされる不快な症状です。 腟の血流低下による症状 腟の末梢血行が低下することによって栄養機能が低下し、線維芽細胞の活性が減ると、保水レベルが低下して腟が乾燥します。それにつれて腟内部の分泌物も低下し、以下のような症状が引き起こされます。 腟の乾燥感 かゆみ ムズムズ・灼熱感 性交痛 デリケートゾーンのかゆみや灼熱感は、非常につらいもの。性交痛にいたっては、パートナーとの関係にヒビが入ったり、性行為自体が嫌いになったりなど、女性のQOLを低下させる大きな要因になります。 腟粘膜のコラーゲン減少による症状 閉経前の腟は、エストロゲンの作用で皮膚や粘膜の厚みと潤いのある状態を保っています。 しかし、閉経に伴いコラーゲンが減少して腟粘膜上皮が薄くなると、血流が低下して腟粘膜のヒダがペラペラになったり、腟内が乾燥して腟が萎縮してしまうのです。 潤い不足で性交痛が起こることもあり、腟内に傷がついてしまうこともあるため注意が必要です。 乳酸桿菌の減少による症状 エストロゲンの分泌量減少により腟粘膜の腟上皮細胞に含まれるグリコーゲンが減少すると、膣内の酸性を保つ乳酸桿菌(デーデルライン桿菌)が減少するため、腟内のpH値が上昇してアルカリ性に傾いて腟の自浄作用が弱まってしまいます。 以下は、乳酸桿菌の減少による症状です。...

35歳からホルモンバランスが崩れる?ターニングポイントを上手に乗り切る方法とは

suzukiaskaがに投稿

20代は仕事や育児をがむしゃらに頑張り、ふと気づくと35歳過ぎ。 「最近よく気分が落ち込む」「しっかり寝たはずなのに疲れが取れない」などの心身の不良は、もしかすると女性ホルモンの影響かもしれません。 女性ホルモンが年齢とともに分泌されにくくなっていくことはご存知かもしれませんが、具体的にいつ頃から起こるのか知らない方も多く、いつまでも若い頃と同じような生活をしていると、ホルモンバランスが崩れて思わぬ心身の不調に悩まされることも。 そこでこの記事では、女性ホルモンのターニングポイントや心身に及ぼす影響、その時期の乗り切り方をご紹介します。 女性ホルモンは35歳がターニングポイント 女性ホルモンとは、卵巣から分泌されるエストロゲンとプロゲステロンの2種類のホルモンのことで、女性らしさをつくることで知られています。また、月経周期をつくって妊娠や出産にも深く関わったり、美肌や健康維持の役割を担ったりと女性のQOLの維持には欠かせません。 今では、35歳を過ぎて出産する女性も少なくありませんが、一昔前までは35歳以上での出産を「高齢出産」としていました。なぜなら、35歳からは女性ホルモンの分泌量が急激に減少するからです。 働く女性も多く、見た目も若々しく美しい方も多い現代においても、35歳からは女性ホルモンの分泌量は徐々に減少し、自律神経が乱れやすくなります。そのため、寝不足が続いたりストレスをためたりすると、ホルモンバランスが崩れて体調を崩してしまうことも。 さらに、女性は45歳以降に「更年期」を迎えます。女性ホルモンが急激に減少することにより、のぼせやほてりなどのいわゆる更年期障害が現れることもあるので、35歳を過ぎたら年齢に応じた対処が必要だと認識しておきましょう。 女性ホルモンが心身に及ぼす影響とは 女性ホルモンの分泌量は、ライフステージによって変化していきます。とくにエストロゲンは年齢によって分泌量が変化しやすく、女性の心身に影響を与えやすいホルモンです。 10代後半から急激に増えはじめ、妊娠・出産時期を迎える20代後半から30代前半までが分泌のピーク、35歳を過ぎた頃から徐々に減りはじめ、55歳頃には女性ホルモンの波から解放されます。 20代から35歳まで 体が妊娠や出産にもっとも適した状態だといえる20代後半から35歳頃。女性ホルモンの分泌はピークを迎え、ホルモン量も安定しています。 バリバリと仕事をこなし、キャリアを積んでいく方も多い一方、妊娠・出産により仕事を一時お休みする方もいます。子どもを望む場合は、妊娠率や難産、妊娠合併症などのリスクも考慮すると、この時期までに第1子を妊娠するのが理想です。 35歳から45歳まで 35歳を過ぎると、女性ホルモンの分泌量が徐々に減少しはじめます。生活習慣の乱れやストレスなどでホルモンバランスが崩れやすく、日々の生活で溜まった疲れによりホルモンの変動の影響を受けやすい年代です。 生理不順やのぼせ、ほてり、イライラなど、「プレ更年期」の症状が現れることもあるため、健康を軸に生活を見直す時期だといえます。 45歳から55歳まで 日本人の平均閉経年齢は51歳です。それに伴う変化として更年期(閉経の前後5年間)がありますが、女性ホルモンの分泌量が急激に減少することから体がその変化に対応できず、「ホットフラッシュ」などの更年期障害が出ることも。 以下は、更年期障害の主な症状です。 血管の拡張と放熱に関する症状:ほてりやのぼせ、ホットフラッシュ、発汗など その他の身体症状:めまいや動悸、胸が締め付けられる感じ、頭痛、肩こり、腰や背中の痛み、関節の痛み、疲れやすさ、手足の冷えなど 精神的な症状:イライラ、情緒不安定、憂鬱感、不眠、気力や集中力の低下など 更年期障害は、さまざまな原因が複雑に関与して発症します。 医療機関では、十分な問診を行った後、生活習慣の見直しや心理療法で症状の改善を試みるのが一般的です。それでも改善しない場合は、ホルモン補充療法(HRT)や漢方薬、向精神薬など症状に合わせて治療を行います。 一般的にはホルモン補充療法で改善することが多く、2〜3週間で症状の改善が見られるケースがほとんどです。つらい更年期障害の症状にお悩みの方は、我慢せず婦人科や女性クリニックを受診しましょう。 55歳から70歳まで ほとんどの方が閉経を迎え、55歳から70歳。いわゆる「ポスト更年期(アフター更年期)」と呼ばれる世代です。 更年期が終わる頃には分泌量も最低限となり、女性ホルモンの急激な変化に体が慣れて更年期障害の症状は落ち着いてきます。 仕事も再び頑張れる方も増えてきますが、その一方で今度はエストロゲンの欠乏によって心身にさまざまな変化が現れるため、骨粗鬆症や萎縮性腟炎、婦人科系のがんなどに注意が必要です。 女性ホルモンのターニングポイントを上手に乗り切る方法 女性ホルモンは、35歳を過ぎると徐々に分泌量が減少し、心身にさまざまな不調が現れやすくなります。その変化を上手に乗り切るためには、35歳を過ぎたら「がむしゃら」に頑張るのではなく、規則正しい生活をしながら質の良い仕事を心がけることが大切です。 就寝や食事の時間を決めたり運動を取り入れたりなど、健康を軸にして生活を改善し、来たる更年期に備えることをおすすめします。 とくに生理前はプチ更年期ともいえるほどホルモンの分泌が変動します。予定を詰め込まずに自宅でゆっくり過ごすなど、更年期を乗り切る予行演習だと思っておくとよいでしょう。...

yoniCAREの口コミ・評判は?検証レビュー!

suzukiaskaがに投稿

家庭用の腟ケア器・yoniCARE 腟の乾燥やにおい、性交痛や尿漏れ、ゆるみなど、腟に関する女性の悩みは様々です。 ここ数年、日本でも「腟ケア」への関心が高まりつつあります。今回紹介する「家庭用腟ケア器 yoniCARE」は、産婦人科専門医も推薦している腟ケア器で、赤色と青色のLEDライトを組み合わせて腟内を照射し、腟の緩みケアや、腟内を健康的に導いてくれるという最新腟ケアアイテムとなっています。 腟内から皮下部へアプローチする「650nmの赤色LED」と、腟内pHバランスを整える「477nmの青色LED」、そしてマッサージ機能という3つの機能を搭載。次のような腟に関するお悩みをもつ女性におすすめです。 ・乾燥が気になる・においが気になる・性交痛がつらい・排尿障害・尿もれを改善したい・緩みが気になる・お湯もれが気になる 自宅で1回約10分間、週に2~3回のお手軽ケアで腟を健康に導きます。 腟ケアに興味のある方や、腟に関するお悩みをお持ちの方はぜひご参考になさってください。 yoniCAREの気になる口コミ・評判は? 口コミ1やや細めなので、特にローションなどつけなくても挿入は可能。電源ランプが点滅して、10分経つとライトが勝手に消えます。私はもう一回で計20分やっております。終わったら除菌ティッシュで拭き取って、キャップつけて終了!終わった後は腟の中がポカポカに!とにかく非常にラクチンですよ。これなら続けやすいですね。ただ正直、腟の引き締めに効いたかどうかはわかりませんなんとなく…おしっこを途中で止めるようにするためには、腟トレのほうが直接的な効果がある気がする。口コミ2yoniCAREは自宅で簡単にデリケートゾーンをケアできるのが本当にありがたいアイテムです。婦人科クリニックで受けられるモナリザタッチなどのレーザー治療を検討したものの、痛みに不安を感じて断念していましたが、yoniCAREは心地よい温かさを感じるくらいで傷みがまったくありません。1回10分間、週3回行うだけなので、面倒なことは嫌いという方でも続けやすくなっています。口コミ3yoniCAREでフェミニンケアをすると自分を大切に思い、慈しむことができます。これは自分の体に関心を持つことで意識が変わるからです。また、フェミニンケアで腟の粘膜力が上がると、性生活が充実して幸せホルモンが分泌されます。リラックス効果ももたらしてくれるので、ストレスの軽減や免疫力のアップにもつながり、心身ともに健康な状態になります。口コミ4初めは傷みがないか等の不安もありましたが、興味の方が勝り、さっそく試してみることに。週2~3回程度のケアがよいとのことだったので、「毎日やらなくてはいけない」というプレッシャーもなく、気軽に続けられました。不安だった痛みもありませんでした。ケア中、ケア後はいつも腟内がじんわり温かくなり、フワフワ柔らかくなったような感じがします。元々、濡れにくい体質ではありませんでしたが、少しでもそういう気分になると濡れ始めるのがとても早くなりました。ちなみに、濡れにくい体質の方でも、専用の腟用ローションを使えば痛み等なくできると思います。マッサージ機能もついており、内部のトレーニングにも活用できますので、中でオーガズムを感じられる方なら、腟ケアしつつ気持ちよくなれてしまう一石二鳥の効果が得られます。口コミ5yoniCAREは痛みもなく温かくて気持ちがよいので、ケアするのが苦になりません。スキンケアと同じように習慣化することで、少しずつ自分の体の変化を感じられます。とくにマッサージ機能は、骨盤底筋トレーニングのような効果を得られるようなので、使用し続けるとどうなるのか、期待しています。 Q&A Q1 「すぐには効果を感じない」という口コミがありましたが、yoniCAREで効果を感じるのはどれくらいの頻度でどれくらいの期間ケアすればいいのでしょうか? A1 1日1回のご使用で、1回につき10分ほど、週3回程度を目安にケアを行ってください。効果については、お身体の状態や解決したいお悩み、使用頻度などにより人ぞれぞれ異なります。Q2口コミの方と同じく、痛みがないか心配です。挿入する部分の太さはどれくらいなのでしょうか? A2yoniCAREの挿入部分は長さが約12cm、太さは約2.9cmです。挿入時の傷みがご心配の方は、弊社オンラインサイトにて本体をご購入のお客様に専用ジェルをプレゼントしておりますので、そちらをご利用ください。 Q3デリケートな部分に使用するので安全面で心配です。この製品は日本製ですか?また、保証はありますか?A3弊社商品は中国製になりますまた1年間のメーカー保証がございます。Q4マッサージ機能もついているとのことですが、強さの調節はできますか?A4本体のハンドル部分の真ん中にマッサージボタンがあります。そのボタンで3段階で強さの調整ができますで、お好みに強さを選んでご使用ください。Q5手軽に使えるという口コミをみて、興味を持ちました。毎日の習慣にしてケアを行いたいのですが、毎日使っても大丈夫ですか?また、生理の時に使っても問題ないでしょうか?A5毎日ご使用することで身体への害は報告されていませんが、デリケートな部分への挿入となりますので、なるべくお日にちは空けていただくことをお勧めします。また、生理中は腟内がさらにデリケートになっていますので生理中のご使用はお控えください。Q6yoniCARE使用後に腟がフワフワと柔らかくなった気がする、という口コミを見ましたが、yoniCARE使用後の性行為は可能でしょうか?A6可能です。 商品の総評 年齢とともに感じる腟ケアの必要性ですが、クリニックに受診するのは不安や恥ずかしさもあって、なかなか一歩が踏み出せないもの。 そんな女性の悩みを解決してくれるのが、家庭用の腟ケアアイテム「yoniCARE」です。 今回は、実際にyoniCAREを使用した方々の声から分かったデメリットとメリットをまとめました。 ▼メリット ・とにかく手軽で面倒でないので続けられる・クリニックで受診する必要がない・使用したあとは腟が温かくなって、フワフワと柔らかくなる・週2~3回でいいので「毎日やらないといけない」というプレッシャーがない・マッサージ機能で腟ケアしつつ気持ちよくなれる・少しずつですが体の変化を感じる ▼デメリット 腟の引き締めに実際に効果があったのかがわかりにくい   「腟がぽかぽかあたたかくなった」「やわらかくなったと感じた」など使用後の体への効果を実感したという声が多く聞かれたyoniCARE。 何よりもその手軽さが魅力で、たった10分でセルフケアできてしまうというのが最大の特徴でしょう。 また、産婦人科専門医も推薦しているとのことで安全性も確保されています。 さらに、LEDだけではなく、マッサージ機能も同時に使えるので、腟ケアしながらマッサージもできるのも◎ 使う人の年齢や腟の状態、悩みなどは様々なので、どれくらい続ければ効果が得られるのかは一概に言えませんが、腟ケアの第一歩として手軽に始められるアイテムでしょう。 使用法・使用上の注意事項について 【使用方法】 (1)電源を入れる本体には「LED照射ボタン」「マッサージボタン」「電源ボタン」の3つのボタンがございます。まずは「電源ボタン」を長押ししてください。 (2)使う前に本体の挿入部分をきれいにしてください。 (3)LED(照射)機能LEDボタンは「赤」「青」「2色」で照射します。※赤色LED:腟内から皮下部へアプローチすることで、腟内膜にプラスの影響をもたらします。※青色LED:腟内pHバランスを整えることで不快な臭いや、アンバランスな腟内環境を整えることが望めます。...

アンケートから見る!みんなの腟のお悩みについて

suzukiaskaがに投稿

年齢を重ねると、お肌の潤いやハリや艶が失われてきた…というお悩みをお持ちの方は多いですよね。 お肌のハリや艶は身近な人にも相談しやすいですし、美容皮膚科など医療機関など専門の相談先も多く、また、市販品のケア商品の種類が豊富ですから、あまり対策に困ることはないかと思います。 でも、腟のことはどうでしょうか? 実は、腟もお肌同様、加齢に伴って潤い・ハリがなくなってくるものなのです。 ですが、腟のことについては身近に相談できる相手がいない・医療機関への相談はなんだか恥ずかしいと、一人でお悩みの方は実はとても多いのです。   「一人で抱えがちな腟に関するお悩みを少しでも皆様と共有したい」とfemtifyは考えております。 そこで、femtifyではyoniCAREを実際にご購入いただいた方へ、本当のところをうかがうべく、アンケートを実施いたしました。 今回はその結果を一部公開いたします。 アンケートにご協力いただきました皆様、ありがとうございました。 yoniCAREの購入を決めた理由 yoniCAREをご購入された方の実に半分弱が、何かしらの症状でお悩みなことがわかります。では、そのお悩みの内容は具体的にどのようなものでしょうか。 どのような悩みがありますか? 更年期と腟 1位は更年期症状によるお悩み。46人中実に28人が腟の更年期症状に悩んでいるということがわかります。 更年期になると、腟に変化が起きるのは、女性ホルモンであるエストロゲンが減少してくるからです。 エストロゲンは腟をはじめ、子宮や卵巣に強い影響を与える女性ホルモン。 エストロゲンは腟壁のターンオーバーにも作用しているため、これが減少すると、腟の厚みと弾力が減り、潤いが保たれにくくなります。 潤いが保たれなくなると、腟の常在菌(乳酸桿菌など)が減少し、病原細菌が増殖しやすくなります。そうすると、以下のような症状が出てきやすくなります。 ・乾燥・性交痛・おりものの異常(色・臭い・量など)・排尿時の痛み・頻尿、尿漏れ、膀胱炎など これらをまとめて、萎縮性腟炎と呼びます。  詳しくはこちら⇒萎縮性腟炎とは 骨盤底筋群のゆるみ 2位は尿漏れ・お湯漏れで、3位は腟のゆるみとなっています。 こちらは産後や加齢などによって、骨盤底筋群が緩むことが原因で起きる症状です。 yoniCAREでは腟をケアするということで、腟にアプリケーターを挿入するため、意識的に骨盤底筋群のトレーニングをすることができます。   まとめ 以上、yoniCAREご購入アンケートから女性の皆様が抱えている腟のお悩みについて簡単に解説いたしました。 あまり人には相談できない腟のお悩みについて、femtifyでは継続的に取り上げていきたいと考えています。 その他ご質問などございましたら公式LINEよりお問い合わせください。 取り上げてほしいテーマや、yoniCAREをご使用になったご感想などもお待ちしております。

x

閉じるclose